あなたを彩るダイヤモンド

身近に感じるダイヤモンド

ダイヤモンド買取の原石のシェイプは、平たいものをよりも八面体に近いもののほうが価値が高くなります

ダイヤは使わなくなったときに、ダイヤモンド買取店に売ることができます。 ダイヤの宝飾品の種類は豊富で、ダイヤモンド買取店では様々な品物について取扱いをしています。

ダイヤの原石は産出される地域が少ないことで知られており、そのために希少性の高い宝石ということができます。 ダイヤの評価を行うときには、カットの技法に関しては人の手によって加えられるものとなりますが、多くの要素は原石の時点で決まっていると言えます。 原石は多種多様なものとなりますので、見分け方が難しくて経験が豊富である必要があります。 ダイヤの原石は同じものが1つとして存在することはなく、判断の基準としてはサイズとシェイプ、カラー、インクルージョン、トランスペアレンシーの5つの要素によって決まります。

シェイプとは原石の形状のことを表わしており、ペアーシェイプやラウンドシェイプなどに仕上げられることになります。 ソーヤブルやメイカブルに分類することが可能で、八面体に近いもののほうが相対的に美しいダイヤに仕上がります。 ソーヤブルは八面体に近いもので、メイカブルは平たいものを選ぶことになります。 グレードとして同程度の原石の場合には、ソーヤブルのほうが総合的に価値が高いと判断されており、メイカブルと比較すると3割から4割ほど高い値段が付くことが考えられます。

原石の状態のままで、ダイヤモンド買取店で取引が行われることは少ないと言えますが、様々な知識を得ておくことは役に立つと判断できます。 使い終わったときにダイヤモンド買取店に宝飾品を売ることを予定しているのであれば、購入するときからグレードの良いものを選択することがおすすめです。 価値の高い宝飾品ほど、ダイヤモンド買取店で良い価格で売却することが可能となり、近年の買取業者では査定のスピードが速いですのですぐに現金化ができます。 買取に加えて販売も行っているダイヤモンド買取店が増えていますので、売却して手に入れた資金を使った新しい品物を購入することができます。

宝飾品を購入したときには鑑定書などの付属品が付いていますので、大切に保管しておくことでダイヤモンド買取店に売却するときに一緒に提出すれば、買取価格を引き上げてもらうことができます。 使っていないときから保管場所に気を使って、高温高湿の場所を避けて風通しの良いところで保管しておくことで、品質を良い状態に保つことが可能になりますので、ダイヤモンド買取店に売るときに良い評価をしてもらえます。

Copyright(C)2014 あなたを彩るダイヤモンド All Rights Reserved.