あなたを彩るダイヤモンド

身近に感じるダイヤモンド

ダイヤモンド買取、希少価値と研磨技術について

現在、ダイヤモンドの価値を評価して買取を行う、ダイヤモンド買取が増えてきています。 ダイヤモンドといえば、とても高い宝石というイメージを持つ人は多いでしょう。

高いという事は、それだけ希少価値が高いというイメージを持つ人も少なくありませんが、希少価値で考えた場合、ダイヤモンドよりも、金の方が高くなります。 これは、採掘出来る量が関係しています。

金は採掘可能な埋蔵量のうち3/4が採掘済みで、残りは1/4程度しかないとされています。 それに対して、ダイヤモンドというのは、埋蔵されている量が多いだけでなく、採掘可能な量も少なくありません。

それなのに、少なく希少な宝石として扱われるのは、その流通量が制限されている為です。 ですから、金よりも採掘しやすい状態にありますが、ダイヤモンドは常に安定した価値を保つ宝石となっています。

現在、増えているダイヤモンド買取の現場では、ダイヤモンドの重さ、そして研磨技術等を重視して買取を行っています。 ダイヤモンドの重さは、カラットという単位で表示されます。

現在、婚約指輪等として贈られるダイヤモンドの指輪の場合、平均的なダイヤモンドの重さは0.3カラットとなっています。 0.3カラットは、直径にすれば4.2mm前後で、小さすぎず大きすぎず、無難な大きさとなります。

更に、0.3カラット以上は、研磨技術も活かしやすい大きさとなります。 これより小さなダイヤモンドを選ぶ人もいますが、0.2カラットや0.1カラット等、粒が小さくなると、メレダイヤとして扱われ、ダイヤモンド買取の際には、その価値が大きく下がってしまう事があります。

ですから、ダイヤモンド買取を考えた時にも、0.3カラットというのは、ひとつの基準になってきます。 ただ、ダイヤモンド買取では、カラット数が大きい程、査定額が高くなっていきます。

ダイヤモンドは、小さくても見た目が美しい方が良いのではないかと考える人もいるでしょう。 アクセサリーとして楽しむ場合、見た目や輝きが重要になってきますが、ダイヤモンド買取で、ダイヤモンドの価値を考える場合、カラット数はとても重要になってきます。

ダイヤモンドの指輪を購入する際、アクセサリーとしての価値を考えた場合、全体的なデザインがとても重要になってきます。

ですが、ダイヤモンド自体の価値を考えた場合は、ダイヤモンドのカラット数にこだわっておく事がお勧めです。 カラット数が大きなダイヤモンドを選んでおけば、後でリフォームをしたいと考えた場合でも、デザインの幅が広がる事になります。

Copyright(C)2014 あなたを彩るダイヤモンド All Rights Reserved.